kennの将棋研究所

最近将棋する暇が・・・orz

あじゃ盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うう・・・。

自作1 解答
これが正解図。
手順ですが、初手から
▲21桂成△同玉▲13桂△11玉▲33角成△22歩
▲21桂成△同玉▲32銀成△同飛▲13桂△11玉
▲21金△12玉▲23飛成△同歩▲11金△13玉▲25桂
まで19手詰め。
一応紛れとかの解説。って難しくはないですが。
初手▲33角成は△同桂▲12銀成△同玉▲21飛成△13玉のとき、桂馬が利いて詰まない。
(当初はこれが作意でした。)
6手目、前に利くこまは取って以下▲25桂。
前に利かない駒は、作意どうりに進んで早づみ。

作成時間、2時間ぐらい。
以上です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kennto31136.blog94.fc2.com/tb.php/184-565d4521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。