kennの将棋研究所

最近将棋する暇が・・・orz

あじゃ盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作3 解答

まずはじめに、疑問があっては解答も見れないでしょうから疑問にお答えします。

>三歩人さん
余詰めがある、とのご指摘ですが・・・
桂馬がある、と勘違いされたのではないでしょうか?
初形図の持駒は 飛、金、銀、香 です。
桂馬があるのは自作1のほうです。

では解答(作意)。
初形から
13金、同桂、21飛、同玉、31歩成、同玉、34香、33飛
として途中図。
自作3 途中図
初手いろいろありますが、するする逃げられます。
8手目のこれが主眼の一手。
飛車の中合です。
ちなみに他の合いごまは、①後ろに利かない駒は32角成、同玉、33香成以下15手の駒余り。
②金は32角成、同金、同香成、同玉、33金、21玉、22銀以下17手駒余り。(作意と同手数ですがこちらは駒余りとなる為正解ではありません)

とまあこんな感じ。ここで何をしても詰みそうですが、一番わかり易く早く、です。同香不成はまた逃げられます。
以下、32角成、同飛、42銀、21玉、32香成、同玉、33角成、21玉、11飛
まで17手詰め。
自作3 解答
最後31飛とかでも詰みますが1手で詰むのです。


それにしても昨日は22人、一昨日は32人ですか・・・。
なんちゅう多さでしょうね。・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kennto31136.blog94.fc2.com/tb.php/192-97e326a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。